八重桜(松月)z001さん撮影、クリックすると拡大します。

1937年
秋冬コレクション

検索サイトからいらっしゃった方へ、まず日記Namazu検索(左)をしてください!


"Don't kill, don't be killed"
«前の日記(2007-12-20) 最新 次の日記(2007-12-22)» 編集

2007-12-21 (占領9日目)

[ラーベの日記][国際委員会][戦況と民衆][所行無情] 火災で目を醒ます

十二月二十一日
日本軍が街を焼きはらっているのはもはや疑う余地はない。たぶん略奪や強奪の跡を消すためだろう。昨夜は、市中の六ヵ所で火が出た。

夜中の二時半、塀の倒れる音、屋根が崩れ落ちる音で目が覚めた。わが家と中山路の問にはもう一ブロックしか家が残っていない。もうすこしでそこに燃え拡がるところだったが、運良く難をのがれた。ただし、火花が舞い、飛び散っているので、藁小屋とガソリンはますます危険な状態だ。気が気ではない。何としても、ガソリンだけはどこかほかへ移さなくては。
アメリカ人は非常に苦労している
アメリカ人の絶望的な気分は次の電報をみるとよくわかる。
南京、一九三七年十二月二十日、
在上海アメリカ総領事館御中。

重要な相談あり。アメリカの外交官、南京にすぐ来られたし。状況は日々深刻に。大使および国務省に報告乞う。
マギー、ミルズ、マツカラム、スマイス、ソーン、トリマー、ヴォートリン、ウィルソン。
一九三七年十二月二十日南京日本大便館御中。
海軍基地無線を通じて転送を要請します。
M・S・ベイツ
ほかに方法がないので、日本大使館に頼んでこの電報を送ろうというのだろう。だがこれでは何もかもつつぬけだ。日本は承知するだろうか?

それにしても、アメリカ人は非常に苦労している。私の場合は、ハーケンクロイツの腕章やナチ党バッジ、家と車のドイツ国旗をこれ見よがしにつきつければ、いちおうのききめはあったが、アメリカ国旗となると日本兵は歯牙にもかけない。今朝早く、日本兵に車をとめられたので怒鳴りつけて国旗を示したところ、相手はすぐに道を空けた。それにひきかえ、トリマーやマッカラムはなんと鼓楼病院で狙撃されたのだ。運良く弾はそれた。だが、我々外国人に銃口が向けられたということが、そもそも言語道断だ。これでは、アメリカ人の堪忍袋の緒が切れてしまうのも無理はない。しかも彼らは何千人もの婦女子を自分たちの大学に収容して面倒をみているのだ。
日本兵を殴り殺しでもしたら、一巻の終わりだ
昨日、スマイスはこんなことをいっていた。いったいいつまで、ハツタリをきかせていられるのだろうか。その気持ちはよくわかる。われわれの収容所にいる中国人のだれかが、妻か娘を強姦されたといって日本兵を殴り殺しでもしたら、一巻の終わりだ。安全区は血の海になるだろう。つい今しがた、アメリカ総領事館あての電報が日本大使館から打電を拒否されたという知らせが入った。そんなことだろうと思っていた。

午前中にガソリンを残らず本部へ移させた。中山路でこれからまだ相当数の家が焼け落ちるのではない.かと心配だからだ。そういう火事の前兆はもうわかっている。突然トラツクが何台もやってくる。それから略奪、放火の順だ。
デモ?行進
午後二時、ドイツ人やアメリカ人全員――つまり外国人全員が鼓楼病院前に集結して、日本大使館ヘデモ行進を行った。アメリカ人十四人、ドイツ人五人、白系ロシア人二人、オーストリア人一人。日本大使館あての手紙一通を手渡し、その中で人道的立場から以下の三点を要求した。
  1. 街をこれ以上焼かないこと。
  2. 統制を失った日本軍の行動をただちに中止させること。
  3. 食糧や石炭の補給のため、ふたたび平穏と秩序がもどるよう、必要な措置をとること。
デモ参加者は全員が署名した。

われわれは日本軍の松井石根司令官と会談し、全員が彼と握手した。 われわれは松井司令官に紹介された。彼は我々全員と握手した。大使館では私が代表して意見を言い、田中正一副領事に、日本軍は町を焼き払うつもりではないかと思っていると伝えた。領事は微笑みながら否定したが、書簡のはじめの二点については軍当局と話し合うと約束してくれた。だが第三点に関しては、耳を貸さなかった。日本人も食糧不足に苦しんでいるので、われわれのことなど知ったことではないというのだろう。
松井石根と会ったのか?それとも別の司令官か?この日の松井の行動を確認する必要がある。
※<英文)では、 "We are introduced Commandant Matsui, who shakes hands all round." 握手のみで会談はしてない。松井とは表敬に過ぎず、会談は田中領事と別室で、なのだろう。
コメント
そのあと、まだ日本大使館にいるときに、海軍将校からローゼンの手紙を受け取った。彼は南京に非常に近いところに停泊しているイギリス砲艦ビーに乗っているのだが、まだ上陸を許されていない。これ以上多くの人間に事情を知られたくないのだろう。ローゼンはじめ、シャルフェンベルク・ヒュルターの両人がどうしてビーに乗っているのかわからない。福田氏にそのことをいうと、ジャーディン社の船が爆撃されて、沈没したのではないかと心配していた。


ローゼン書記官よりジョン・ラーぺあての手紙 南京を目前にして、一九三七年十二月十九日
イギリス砲艦ビー船上より

親愛なるラーべ氏、
昨日から南京市を目の前にしながら上陸することができません。
皆さんのご様子、それからドイツ人の家が無事かどうか、お知らせください。
なお、ここからは大使あてに無線で連絡がとれます。
当方にもいろんなことがありました。このことはいずれお目にかかった折にお話しします。

この手紙が日本軍を介して貴君に届くかどうかわかりませんが、とにかくやってみます(願わくは私への返事もうまくいくといいのですが)。
よろしく。ハイル・ヒトラー!   敬具
ローゼン

[ヴォートリンの日記][所行無情][戦況と民衆] まさか警備兵までが

一二月ニ一日 火曜日
 毎日がうんざりするほど長く感じられる。毎朝、どのようにすれば日中の一二時間を過ごせるだろうかと思案する。

 朝食のあと、例の二五人の警備兵が昨夜危害を及ぼした(女性二人が強姦された)件について事情を聴取した。しかし、こうしたことには慎重に、しかも臨機応変に対処する必要がある。そうしないと兵士の恨みを買うことになり、そのほうが当面している災難にもまして始末が悪いかもしれない。
昨日の午後、やってきた日本軍高級将校が、日本軍兵士による婦女子拐帯事件を目撃した。そして、夜、25人の警備兵が配備された。ヴォートリンはそれを高級将校の配慮ではないかと喜んだ。・・・・その警備兵が、婦女子を守りにやってきたはずの警備兵が、よりによって強姦事件を起こしたのである。
 メリーと程先生は、粥をもらうさいには列をつくって待つようつねづね女性たちに指導しているが、二人が根気強ければ、これから先もたぶん指導を続けることだろう。もともと十分な量の粥はないのに、必要以上に持って行く人もいる。

 一一時に王さんといっしょにアメリカ大使館へ行き、午後、車で日本大使館に送ってもらう手配をした。

 一時三〇分、アチソン氏の料理人といっしょに車でキャンパスの西の方角に向かった。料理人は、七五歳の父親が殺されたと聞いていたので、ぜひ確認したかったのだ。わたしたちは、道路の中央に老人が倒れているのを見つけた。老人の死骸を竹薮に引き入れ、上にむしろをかけた。老人は、危害をこうむることは絶対にないと言い張って、大使館で保護してもらうことを拒んでいた。

 二時に大使館に着いたが、領事は不在だったので、四時にまた訪れることにした。門を出ようとしたとき、運よく領事の車に出くわしたので、引き返して会見した。

 わたしたちは領事に、たいへん申し訳ないが、あんなに大勢の兵士に石炭や茶やお菓子を出すことはできないし、それに、夜間に派遣してもらう憲兵は二名だけ、昼間は一名のはずではなかったか、と言った。領事はとても察しのよい人で、昨夜は二五人もの警備兵がキャンパスにいたにもかかわらず、万事うまくいったわけではないことを理解した。

 午後、城内にいる外国人全員で、日本軍のためだけでなく南京の中国人二〇万人のためにも、南京に平和を回復するよう求める請願書を提出した。わたしは、ついさっき日本大使館から帰ってきたばかりだったので、みなに同行しなかった。
ラーベの日記にある"デモ"のこと。
 日本大使館を出てから、今度はアメリカ大使館の使用人といっしょに三牌楼にあるジェンキン氏宅へ行った。彼の家は、アメリカ国旗を掲揚し、日本文の布告や東京あて特電の文を掲示することによって護られていたにもかかわらず、徹底的な掠奪をこうむった。ジェンキン氏が信頼していた使用人は車庫で射殺されていた。彼は雇い主の家を出て大使館に避難することを拒んでいた。

 かつて南京に住んだことのある人なら、いまの街路がどんなありさまになっているか想像もつかないだろう。これまでに見たこともないほどひどい惨状だ。路上にはパスや乗用車が引っくり返り、すでに顔の黒ずんだ死体があちこちに転がり、捨てられた軍服がいたるところに散乱し、住宅や商店はすべて焼け落ちているか、そうでなければ、掠奪されたり打ち壊されたりしている。安全区内の街路は混雑しているが、安全区外では日本兵以外はほとんどだれも見かけない。

 車で街路を通行するときは、どこの国の国旗を掲げていても、外国人が乗っていなければ安全ではないので、大使館の車はわたしが乗って大使館に返してきた。

 王さん、老邵といっしょに−一人だけで外出するのは躊躇しているので− 歩いてキャンパスに戻る途中、悲嘆に暮れた男性が近づいてきて、助けてもらえないか、と言った。二七歳の妻が女子学院から帰宅したばかりのところに、三人の日本兵に押し入られた。彼は家から追い出され、妻は日本兵に捕らえられてしまった、という。

 今夜はきっと六〇〇〇人ないし七〇〇〇人( いや九〇〇〇人ないし一万人?) の避難民がキャンパスにいるにちがいない。わたしたちはわずかな人数で対処しており、疲れ果ててしまった。こんな激務にあとどのくらい耐えられるかわからない。

 現在、大きな火災が北東から東へ、さらに南東の空を照らし出している。毎日、夜はこうした火災が空を照らし、昼間は濠々とあがる煙によって、いまなお掠奪と破壊の行為が続いていることがわかる。戦争の産み出すものは死と荒廃である。

 わたしたちは外界との接触を完全に断たれている。何が起こっているのかまったくわからないし、こちらから外界にメッセージを送ることもできない。校門から外を眺めていると、門衛が、一日一日が一年のように思え、人生からいっさいの意味が失われてしまった、と言ったが、まったくそのとおりだ。先が見えないのが悲しい。かつては活力に溢れ、希望に満ちていた首都も、いまや空っぽの貝殻のようだ。哀れを誘う悲痛な貝殻だ。

 何日も前に作成した無線電報がいまだに送れないでいる。
[]

Namazu検索の方法
記事の権利と責任はすべて下記にあります。クレームなどは直接メールでどうぞ。
Copyright © 2003-2004 late-mhk[hamasa7491@hotmail.com]. All rights reserved.
2007年
12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31


目次




Search

     



訂正・追記
中国地名・都市間距離
安全区の地図
ラーベの家と周辺
南京市街図1937・9・1(大阪毎日)
南京附近1937・12・1
現南京MAPBAR
現南京城内街路
現南京地図
ゆがめられたラーべの人物像
ラーベ『南京の真実』の誤訳



アンテナ
WEBアンテナ
tDiaryアンテナ


リンク
ja2047_memorial
15年戦争資料 @wiki
「南京事件」143枚の写真&読める判決「百人斬り」
日中戦争スタディーズ
ホドロフスキの記録帳
*なんでも質問箱
Apes! Not Monkeys!
クッキーと紅茶と
思考錯誤
南京事件小さな資料集
ザ★20世紀1937年
南京事件FAQ
tDiary.Net
落書き part-4


今月のタイトル