八重桜(松月)z001さん撮影、クリックすると拡大します。

1937年
秋冬コレクション

検索サイトからいらっしゃった方へ、まず日記Namazu検索(左)をしてください!


"Don't kill, don't be killed"
«前の日記(2007-12-07) 最新 次の日記(2007-12-09)» 編集

2007-12-08

[warなひと人] 1941年今日のどぢ。

1941年12月8日(日本時間)真珠湾攻撃
これも日中戦争と同じく宣戦布告なき攻撃。
  • 午前3時19分、第一波空中攻撃隊総指揮官の淵田美津夫海軍中佐、「全軍突撃」(ト連送)を下命。
  • 午前3時23分、淵田美津夫中佐、「奇襲成功」(トラ連送)を旗艦赤城に打電。
wikipedia
宣戦布告は遅刻という、どぢ。

[warなひと人] 1941年今日、香港にも侵攻

中国情報局【今日は何の日?】1941年:日本軍が香港に侵攻
1941-1945 侵華日軍蹂躙香港始末

1941年12月8日早上8時30分,
12架日本爆撃机空襲香港

[warなひと人] 1941年上海では

11月下旬上海から米第4海兵隊の撤退

写真週報199号(1941年12月24日)十銭

[家族] 魚津の女性が・・・

米騒動ゆかりの地で、「赤紙」配って平和を訴える
http://www2.knb.ne.jp/news/20061208_9526.htm
赤新聞ではありません。

[戦況と民衆] ☆軍隊まんだら☆

「これは赤紙で臨時召集された丙種合格の痩せ男が朝鮮、中国に連れて行かれ悪戦苦闘する物語りです。」 赤紙1枚で行軍距離4,000キロ
(赤紙をクリックするとその方のサイトにいけます)
軍隊まんだら
http://www2.ocn.ne.jp/~sukagawa/hyoshi.html


リンクを付けさせていただいたことをご報告申し上げたら。次のような御丁寧なメールをくださいました。
リンクをつけて下さってお礼を申し上げます。

あの赤紙も福島市内で婦人会の方々が配っていたものです。その後、配布元が分かったので了解を取り付けて有ります。

私も84歳になり、余生を戦争体験の語り継ぎに尽くしております。私の関係しているホームページ「朝風」も折があったらご覧になって下さい。

ご健闘を祈っております、再見。

[国際委員会][ラーベの日記] ラーベ故居修繕

偶然見つけたページです。
南京拉貝故居修繕工程完工(組写真)
ドイツ領事館の資金協力?
南京大学鼓楼校区南园宿舍区内ってどこだろう。

http://travel.163.com/06/0524/09/2HSLHCL600061Q75.html

[ラーベの日記][国際委員会][戦況と民衆] にわか市長がんばれ!


今日の日記は、安全区とは何かが、約条的にではなく実物的によくわかる文章なのでそのまま掲示します。
※人名や事柄で既出のものを確認するには、左欄の「日記Namazu検索」をご利用ください。
十二月八日

昨日の午後、ボーイの張がかみさんを鼓楼病院から連れ帰った。まだすっかりよくなったわけではないが、時が時だけにどうしても子どものそばにいたいというのだ。のこりの家族が四十マイルも離れたところにいるといって、張は嘆いた。病気の曹の仕事を一部、引き受けてくれていたので迎えにいく時間がなかったのだという。だれもそれを私に言ってくれなかった。だから、張の身内はとっくに全員ここにきているとばかり思っていたのだ。かわいそうだがもう手遅れだ。

二年ほど前、トラウトマン大使が北載河で開かれたティーパーティーの席で私にこういって挨拶したことがあった。「やあ、南京の市長が来た!」そのころ私は党の地方支部長代理をしているのだが、いくらか気を悪くした。ところが、いま瓢箪(ひょうたん)から駒が出た。といったからって、ヨーロッパ人が中国の町の市長になどなれないのはわかりきっている。しかし、このところずっと行動をともにしてきた馬市長が昨日いなくなり、われわれ委員会が難民区の行政上の問題や業務をなにからなにまでやらざるをえなくなったいま、私は事実上の「市長代理」のようなものになったわけだ。まったくなんてことだ!

何千人もの難民が四方八方から安全区へ詰めかけ、通りはかつての平和な時よりも活気を帯びている。貧しい人たちがさまよう様子を見ていると泣けてくる。まだ泊まるところが見つからない家族が、日がくれていくなか、この寒空に、家の陰や路上で横になっている。われわれは全力を挙げて安全区を拡張しているが、何度も何度も中国軍がくちばしをいれてくる。いまだに引き揚げないだけではない。それを急いでいるようにもみえないのだ。城壁の外はぐるりと焼きはらわれ、焼け出された人たちがつぎつぎと送られてくる。われわれはさぞまぬけに思われていることだろう。なぜなら大々的に救援活動をしていながら、少しも実が挙がらないからだ。

外国人のなかにはこういうことをいう人もいる。中国人の抵抗はどうせただのポーズだ、面子を失わないよう、形ばかり戦うだけだろう、と。だが私はそうは思わない。南京防衛軍をひきいる唐が、無分別にも兵士はおろか一般市民も犠牲にするのではないかと不安でしかたがない。

両替屋を開くことにした。小銭が足りなくなる。政府の役人に友人が二人いるので、助けてくれるだろう。

われわれはみなおたがいに絶望しかけている。中国軍の司令部にはほとほと手を焼く。せっかく掲げた安全区の旗をまたもやぜんぶ持っていかれてしまった。安全区は縮小されることになったというのだ。大砲や堡塁のために予備の場所がいるからだという。どうするんだ?そうなったら、なにもかも水の泡になってしまうかもしれないじゃないか。日本にかぎつけられたらおしまいだ。おかまいなしに爆撃するだろう。そうなったら、安全区どころか場合によっては大変な危険区になってしまう。明日の朝早く、境界をもう一度調べてみなければ。こんな汚い手をつかわれるとは・・・・。予想もしていなかった。すでに十一月二十二日に、ここは国民政府から正式に認められているというのに。
  一九三七年十二月八日夕方、中国の新聞のある報告より

一週間前、すなわち一九三七年十二月一日、市長の馬氏は、南京安全区国際委員会に対して、安全区の管理責任を負うようにと要求した。

苦力(クーリー:低賃金労働者)とトラック運転手若干名を除き、委員およびその関係者は、任務を自発的にかつ無償で果たしている。
おやっさん臨時市長がんばれ!
[]

Namazu検索の方法
記事の権利と責任はすべて下記にあります。クレームなどは直接メールでどうぞ。
Copyright © 2003-2004 late-mhk[hamasa7491@hotmail.com]. All rights reserved.
2007年
12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31


目次




Search

     



訂正・追記
中国地名・都市間距離
安全区の地図
ラーベの家と周辺
南京市街図1937・9・1(大阪毎日)
南京附近1937・12・1
現南京MAPBAR
現南京城内街路
現南京地図
ゆがめられたラーべの人物像
ラーベ『南京の真実』の誤訳



アンテナ
WEBアンテナ
tDiaryアンテナ


リンク
ja2047_memorial
15年戦争資料 @wiki
「南京事件」143枚の写真&読める判決「百人斬り」
日中戦争スタディーズ
ホドロフスキの記録帳
*なんでも質問箱
Apes! Not Monkeys!
クッキーと紅茶と
思考錯誤
南京事件小さな資料集
ザ★20世紀1937年
南京事件FAQ
tDiary.Net
落書き part-4


今月のタイトル