八重桜(松月)z001さん撮影、クリックすると拡大します。

1937年
秋冬コレクション

検索サイトからいらっしゃった方へ、まず日記Namazu検索(左)をしてください!


"Don't kill, don't be killed"
«前の日記(2007-11-05) 最新 次の日記(2007-11-07)» 編集

2007-11-06

[ラーベの日記][戦況と民衆] 勇敢な中国軍に驚嘆

中文によると、ラーベはおたふく風邪?で3日間寝込んでいたらしいが、今日11月6日には回復したようだ。日本語版では今日の日記から復帰である。

11月6日

  いや、驚いた。新聞によると、中国軍(傭兵部隊だということを忘れてはならない。南京は指令を出したものの、むろんのこと徴兵令が出なかったからだ)が、強力な日本軍と上海で戦っているという。ドイツ人の軍事顧問が鍛え上げたえりすぐりの南京部隊が上海に派遣されていたのだが、すでに三分の二が戦死したらしい。いくら精鋭部隊といえども、武装が十分でなければどうしようもない。日本の近代的な軍隊は、巨大な大砲や無数の戦車、爆撃機をそなえている。中国のとはくらべものにならない。
なんか、翻訳日本語の文章がヘン、文章の筋目がわかりません。ほんとはこんな感じでは!(英文の日記参照)
勇敢な中国陸軍のことを新聞で読んで、驚嘆せずにはいられない。
想いおこせば南京では徴兵が宣言されたものの、徴兵は実行されず
雇われ兵でしかなかった。(にもかかわらず)上海では良く訓練
された日本軍部隊に抗して、今もなお(勇敢に)闘いつづけている。
たしかに、ドイツ人の軍事顧問が鍛え上げた唯一最強の南京
部隊が上海に派遣されたには違いないが、(逃げることなく闘い)
すでに三分の二も戦死したらしい。いくら精鋭部隊といえども、
武装が十分でなければなにもできないという状況下で! 
日本の軍隊は近代化され、巨大な大砲や無数の戦車、爆撃機を
そなえて中国とはくらべものにならない、というのに。
中国軍は、徴兵された兵からなる「国民軍」でなく、食いはぐれた失業者が「雇われる(hired)」質の悪い軍隊でしかなかった、というのが定評であった。愛国心も薄く軍紀もなっていない、烏合の衆にすぎない、というように。それが1937年の上海戦で覆ったのである。

[戦況と民衆] 日本軍も苦戦

上海戦線の戦いが如何に壮絶なものだったか、日本軍側からみてみよう。
旅順攻めに迫る損害(「南京事件」秦郁彦P65)
二か月半にわたる上海攻防戦における日本軍の損害は、予想をはるかに上まわる甚大なものとなつた。戦死九一一五、戦傷三万一ニ五七、計約四万という数字(戦史叢書)は、惨烈無比と言われた日露戦争の旅順攻防戦(死傷約六万)に迫るものであった。
※「松井大将日記」(昭和十三年二月十四日)は上海、南京戦を主とする中支那方面軍の十三年二月までの戦死(病)者を二万四千余と記している。この数字が正しいとすれぼ、上海戦の損害はもっと多いはずで、戦死は一万五千を越えるのではないかと思われる。
中国軍の総兵力は30万を越え、対する日本軍は7個師団半20万人だった(あとで2個師団5万人追加)。もちろん中国軍側の損失は、30万の2/3だとすると、上記よりはるかに大きい。「南京事件」秦郁彦はつづく。
とくに最初から上海戦に投入された部隊は、定員数を上まわる損害を出し、十回以上兵員を補充した部隊も珍しくたかった。なかでも二十代の独身の若者を主力とする現役師団とちがい、妻も子もある三十代の召集兵を主体とした特設師団の場合は衡撃が大きかった。東京下町の召集兵をふくむ第百一師団がその好例で、上海占領後の警備を担任するという触れこみで現地へつくと、いきなり最激戦場のウースン・クリークへ投入され、泥と水のなかで加納連隊長、友田恭助伍長(新劇俳優)らが戦死した。
友田恭助
第百一師団通信兵の手記はWEBにもあります。加納連隊長戦死の場面も書かれていますので是非お読みください。
戦場と一兵士〜上海戦線

同書の続きです。
東京兵団』の著者畠山清行によると、東京の下町では軒並みに舞いこむ戦死公報に遺家族が殺気立ち、報復を恐れて加納連隊長の留守宅に憲兵が警戒に立ち、静岡ではあまりの死傷者の多さにたえかねた田上連隊長の夫人が自殺する事件も起きている。
日本軍が苦戦した原因は、戦場が平坦なクリーク地帯だったという地形上の特性もさることながら、基本的には、過去の軍閥内戦や匪賊討伐の経験にとらわれ、民族意識に目ざめた中国兵士たちの強烈な抵抗精神を軽視したことにあった。また満州事変以後、近代化を進めてきた中国軍の近接戦闘兵器の火力は日本軍をしのぐ例も少なくなかった。
前述したラーベの日記の11月6日の記述とも平仄が合う。“民族意識に目ざめた中国兵士たちの強烈な抵抗精神”
第九師団に従軍した一兵士は、戦陣日記に次のように書いている。
「一弾は白分より二人前の中隊長殿の右大腿部を貫通、他の三名もやられた……地形に精しい敵は暗夜の逆襲を常套手段としているが、私は一発も盲射せず着剣して待ち構えたが、到頭壕の中までは突撃して来なかった。しかし敵弾は凄じく、壕の上面を掠りはぎ、文字通りの雨霰で、誰かが素早く銃を挙げて射とうとした瞬間に指を射抜かれたり、銃口に命中弾を受けたのを自分は目撃したが、横なぐりの弾幕その無益な物量に驚くぱかりである」(平本渥『陣中日誌・命脈』十月八日の項)
二十四歳の平本上等兵が歎いたのも当然であった。日本軍の砲兵は砲弾の供給が少なく、一日の使用量を○・二基数に押えられていた。近接戦に不可欠の手榴弾は軟弱地では発火せず、逆に投げ返される被害が続出した。

それでも何とか上海の堅陣を破れたのは、日本軍が戦車、飛行機、軍艦など中国軍に乏しい近代兵器をつぎこんで、地上火力の不足を補ったせいであった。この戦訓は十分に検討されることなく、ノモンハン、太平洋戦争で、日本軍はますます肉弾万能へ傾斜して行く。ともあれ、上海戦の惨烈な体験が、生き残りの兵士たちの間に強烈な復讐感情を植えつけ、幹部をふくむ人員交代による団結力の低下もあって、のちに南京アトローシティを誘発する一因にたったことは否定できない。
軍紀が守れずに非行や残虐行為を行なう軍隊には、ソンミ事件を起こしたベトナムの米軍など、近くはイラクのアブグレイブ刑務所で虐待を行なった例などがあるが、その共通項は何かというと、将兵の意識が敵にたいして「圧倒的優位」にありながら、現実の状況は「優位の意識」を裏切っていて、兵士に恐怖と緊張を強いているということ。・・・映画「プラトーン」の世界。

ソンミ事件
アブグレイブ イラク・アブ・グレイブ刑務所での虐待写真
プラトーン
[]

Namazu検索の方法
記事の権利と責任はすべて下記にあります。クレームなどは直接メールでどうぞ。
Copyright © 2003-2004 late-mhk[hamasa7491@hotmail.com]. All rights reserved.
2007年
11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30


目次




Search

     



訂正・追記
中国地名・都市間距離
安全区の地図
ラーベの家と周辺
南京市街図1937・9・1(大阪毎日)
南京附近1937・12・1
現南京MAPBAR
現南京城内街路
現南京地図
ゆがめられたラーべの人物像
ラーベ『南京の真実』の誤訳



アンテナ
WEBアンテナ
tDiaryアンテナ


リンク
ja2047_memorial
15年戦争資料 @wiki
「南京事件」143枚の写真&読める判決「百人斬り」
日中戦争スタディーズ
ホドロフスキの記録帳
*なんでも質問箱
Apes! Not Monkeys!
クッキーと紅茶と
思考錯誤
南京事件小さな資料集
ザ★20世紀1937年
南京事件FAQ
tDiary.Net
落書き part-4


今月のタイトル